鼻・副鼻腔クリニック 大宮

お電話でのお問い合わせ
TEL:準備中
完全予約制

当院の手術について

Medical

全身麻酔について

当院の手術は基本的に全身麻酔で行っています。全身麻酔手術のメリットは、手術中の苦痛が無いことです。
そのことにより、手術をより正確に、安全に行うことができます。
局所麻酔下の手術ですと、患者さんの痛みの程度やコンディションなどによっては、手術が完遂できない場合もありますが、全身麻酔であればそのようなことはありません。
また、当院の麻酔は麻酔科専門医の先生による麻酔ですので、安心してお受けいただけます。

全身麻酔手術の適応について

全身麻酔を安全に行うために、いくつかの基準がございます。当院は耳鼻科単科の病院ですので、麻酔可能な基準はやや厳しめに設定してございますが、ご了承ください。
もし全身麻酔での手術が難しいかたでも、局所麻酔下での手術や、手術以外の治療方法もございますので、医師患者間のコミュニケーションをしっかり取ってベストな治療を考えていきましょう。

以下に当てはまる患者様には、全身麻酔手術は提供しておりません。

  • 10歳以下のお子様および70歳以上のご高齢の方。
  • 心血管系にご病気をお持ちの方
    (例)心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈瘤、コントロールされていない高血圧など
    高血圧に関しましては、お薬でしっかりとコントロールされていれば問題ありません。
  • 重篤な呼吸器疾患をお持ちの方
    (例)肺気腫、肺炎、コントロール不良の気管支喘息など
    喘息は、治療されていて、発作が無いようでしたら問題ありません。
  • 透析中の方
    当院は透析設備がございませんので、申し訳ありませんが、お断りさせていただいております。
  • コントロール不良の糖尿病をお持ちの方
    具体的には、HbA1cが6.5以上の方やインスリン注射での血糖コントロールをされている方は当院での手術はお勧めしておりません。
  • 妊娠中の方

上記に当てはまらない患者様でも、医師が、総合病院や大学病院など、高次医療施設での手術加療が望ましいと判断した場合は、そちらをご紹介させていただきますので、何卒ご了承ください。

手術当日の流れ

1受付
受付をしていただきます。当日は9時頃お越しください。受付
2ご案内
oomiya roomsに宿泊される方は、お部屋にご案内します。日帰りの方はリカバリーにご案内します。ご案内
3問診・点滴
手術前にリカバリーで術前の問診や、点滴の留置を行います。問診・点滴
4手術
手術を行います。開始時刻は1件目の方は10時、2件目の方は11時から11時30分ころの開始となります。手術
5術後
術後はリカバリーで数時間様子観察を行い、麻酔科医の判断で問題なければ、宿泊施設に移動、もしくはご帰宅となります。術後

日帰り手術について

日帰り手術を受けていただくための条件について

日帰り手術(ご自宅に帰宅される場合)を受けていただくには、下記に示す幾つかの条件がございます。

・お住まいの場所が、当院から徒歩もしくはお車で30分圏内であること。
・手術当日、一晩付き添える方がいらっしゃること。
・持病が無いこと。

上記の条件を満たされている場合でも、手術内容によっては、医師が近隣の宿泊施設に1泊することをお勧めすることがございますので、ご了承ください。

宿泊施設について

当クリニックには宿泊施設「oomiya rooms」が隣接しておりますが、
宿泊場所の選択は患者様の自由です。
ただし宿泊場所の選定には以下の点をご考慮ください。

・宿泊施設は、クリニックから15分圏内の施設をお選びください。
・oomiya rooms以外の宿泊施設にご宿泊の際は、必ず一緒にご宿泊いただける方が必要です。
・手術当日と翌日の2日間は、クリニックと宿泊先の移動の際、公共交通機関をご利用ください。お車の場合は、患者様ご本人の運転はご遠慮ください。
・手術当日は、チェックイン後の外出はお控えください。

oomiya roomsについて

oomiya roomsは、当院に隣接した宿泊施設です。
夕食、朝食がついて1泊7,000円です。
こちらをご利用いただくメリットして、付き添いが不要(お子様、ご高齢の方を除く)、
チェックイン後に、診察や処置が必要になった場合でも、移動の負担が軽いことなどがあります。

※oomiya roomsご利用の際の注意点
oomiya roomsは、通常の宿泊施設であり、クリニックの入院ベッドではありません。
そのため、oomiya roomsご利用の際も、入院扱いとはなりませんので、ご了承ください。
24時間看護ではありません。

病院ではありませんので、宿泊部屋での医療行為(診察、各種処置、点滴など)は行っておりません。
医療行為が必要な場合は、クリニックに移動していただき行います。
他の宿泊施設と同様に、チェックイン後は外出禁止となります。

手術料金について

当院で行う治療や手術は、厚生労働省保険診療の対象となり3割負担の金額となります。
以下に当院で行う代表的な処置、手術の3割負担での金額を示します。
※診療報酬改定に伴い、金額が多少変わることがございますので、ご了承ください。

下甲介粘膜焼灼術 ¥3,000(片側)¥6000(両側)
主に花粉症に対し外来で行う処置です。
内視鏡下鼻中隔手術Ⅰ型(骨、軟骨手術) ¥19,860
鼻中隔の曲がりを矯正する手術です。
内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型(下鼻甲介手術) ¥19,860(片側) ¥39,720(両側)
下鼻甲介の骨を除去し、下鼻甲介のボリュームを減らす手術です。
経鼻腔的翼突管神経切除術 ¥91,380(片側) ¥182,760(両側)
後鼻神経切断術のことです。神経を切断し、鼻汁、くしゃみを減らします。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術) ¥36,000(方側) ¥72,000(両側)
4つの副鼻腔のうち1つを開放する副鼻腔の手術です。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的副鼻腔手術) ¥74,730(方側) ¥149,460(両側)
4つの副鼻腔のうち2~3つを開放する副鼻腔の手術です。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) ¥96,240(方側) ¥192,480(両側)
4つの副鼻腔全てを開放する手術です。

鼻の手術はこれらを組み合わせて行います。
例えば鼻中隔の手術と両側の下鼻甲介の手術を合わせますと、自己負担分は¥59,580となります。
良くある手術の組み合わせをまとめてみましたので、ご参考にしてください。

鼻中隔と下鼻甲介の手術の組み合わせ ¥59,580
上記2つと両側神経切断術の組み合わせ ¥242,280
鼻中隔、両側下鼻甲介、両側副鼻腔手術の組み合わせ ¥131,520~¥252,000

※多くの鼻科手術は高額療養費の対象となります。1ヵ月に支払った医療費の窓口負担額が一定額を超えた場合には「高額療養費制度」が適用され、超えた負担額を高額療養費として加入している医療保険から支給されます。
詳しくは厚生労働省の資料をご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000333279.pdf